ドレスと指輪の取り合わせ

ドレスと小物の相性について

結婚式を挙げる上でウェディングドレスはとても大事なものです。式の醍醐味と言っても過言ではない位、招待されるゲストも楽しみにしている一つです。しかしそのウェディングドレス一着を選ぶのは至難の業なのです。複数のドレスのラインがあり、プリンセスライン、Aライン、マーメイドライン、エンパイアラインなどがあります。ただ好みの物を着るだけではなく、新婦の顔や体型に合ったドレスを選ぶ事も必要です。それでも最終的には後悔のないような一着を選ぶのがいいですが、あまりにも似合わないけれどもこれがいいという場合は客観的に見る事も大事です。ラインが決まったら、その後にデザインや素材など選んでいきます。ドレスが決まっても、それに合わせた小物や指輪などとの相性も総合的に考えてから決めるのがいいです。

結婚指輪を選ぶ時には

結婚指輪は、婚約指輪とは役割が違います。婚約指輪は女性がつけますが、結婚指輪は二人の愛の証になります。男性側も日々つける事になるので仕事などの妨げにならないようにシンプルな物を選ぶのが無難です。しかし、昔に比べるとデザイン性がある指輪やカラーも一般的なシルバーではなくてゴールドの指輪を好んでつける人が多くなっています。その時の気分ではなくて、ずっとつけていくものなので長くつけていても大丈夫であろう指輪にする事が必要です。長年つけていくと、どうしても傷んでしまうものなので結婚何十周年などになると新しく指輪を買う夫婦もいます。ですが中には一生同じ指輪をつける人もいますのでそこまで考えて指輪選びをするとより大事にしようと思えます。

結婚準備何から始めたら良いのか分からないときは、準備の手順が書いてあるWebサービスを利用すると良いです。